結婚式の思い出のブーケの保存

結婚式の思い出のブーケの保存

花嫁にとって結婚式で使用したブーケは特別な花となります。
花はいつか枯れてしまうものですが、特別な思い出を持つブーケを記念に保存したいという希望を叶えることができる技術があるのです。
ブーケの保存にはブリザーブドフラワーにしてケースに入れて保存する方法があります。
これは長期間綺麗な状態を楽しむことが出来るため、ブーケの保存として非常に人気のある方法です。新鮮なうちに加工すればり綺麗な状態で保存することができるため、新居に思い出の品として飾るといつでも結婚式の幸せを思い出すことができます。
また押し花にして残すという保存方法も人気です。額の中にデザインしながらブーケの花を飾っていきます。花びらをいくつも重ねて立体的で華やかなデザインになり、額として新居に飾れば非常に華やかなお部屋になるでしょう。
どのような方法でもお花が新鮮なうちに加工することが美しさを保つ上では非常に大切です。
結婚式後にやっぱりブーケをこのまま残したいと考える方は、できるだけ早く業者に相談することが大切です。

ウェディングに欠かせない!ブーケの種類

結婚式で花嫁の一大イベントや来場者席に飾る花束がブーケです。生花もあれば造花もあり、大きさや花の種類も様々です。
飾るのはメインテーブルとゲストテーブル、それと入場退場のときに花嫁が持つものです。花は結構値段が張りますが、安い物なら直径約20センチで1万円から手に入れることができます。形も種類が多く、正面から見た時に丸い形に見えるラウンドや、涙の雫に似たふんわりとした形のティアドロップ(オーバル)といった花を集合させたものがあります。逆にクラッチは数本の花を重ねただけのシンプルスタイルで、メリアは1輪の薔薇の周りに他の花びらを付けていき大輪にした、一見シンプルながら迫力のあるスタイルです。それぞれ合うドレスが違うので色合いやドレスの丈に合わせるのがベストです。
洋風ドレスだけでなく和装に合う物も用意されています。ほとんどの人がオーダーメイドで購入していますが、先に述べたように値段が張るので中には手作りするという人もいます。造花なら結構作りやすいですが、生花となると傷みやすいのもあってかなりの技術を必要とします。作っているのはフラワーアレンジメントの経験者が多いですが、サイトでも作り方が紹介されているので参考にしてみてはいかがでしょうか。
花嫁が自分で手作りする以外に、母娘で一緒に作ったという人や義母に作ってもらったという人もいます。誰かと一緒に作るというだけでブーケも思い出の品になるのです。

おすすめWEBサイト 5選

ダイビングライセンス 和歌山
http://www.ssstrys.co.jp/
松本 塾
http://izumijuku.co.jp/izumi/school_area/?cat=matsumoto_area
石垣島でダイビングするなら
http://kariyushi-ishigakijima.com/
ボイストレーニング スクール
http://www.voice-training.jp/
黒留袖 レンタル
http://www.hanayomeisyou.com/shopbrand/032/O/

2016/10/31 更新


↑ページの先頭へ

Copy Right (C) 思い出のブーケ All Right Reserved